岐阜 白川郷

世界遺産ランキング1位は

カンボジア アンコール遺跡群

着目ワード、世界遺産 絶景 ランキングについて書いてみました。

世界遺産人気ナンバーワン、絶景ランキング1位はアンコール遺跡のようです。

カンボジア アンコール遺跡群

アンコール遺跡は、カンボジア北西部にあるクメール王朝の首都遺跡群です。

アンコール遺跡群を代表するアンコールワットは、クメール建築の最高傑作のヒンズー教寺院です。

絶景 世界遺産ベスト20

絶景 これが見たいベスト30

クメール王朝 アンコール遺跡群

アンコールワット(王都の寺院)は、カンボジア北西部にあるアンコール遺跡群を代表するヒンドゥー教寺院建築です。

城砦都市 アンコールトム

アンコールトム(大きい王都)は、アンコールワットの北にある城砦都市です。

アンコールトムは、12世紀クメール王朝ジャヤーヴァルマン7世により建設されました。

クメール王朝の首都 アンコール遺跡群

アンコール遺跡群は現在のカンボジア王国の淵源となったクメール王朝の首都の跡である。
この地には、9世紀頃から数々の王建設が開始された。この遺跡に特に大きく関わったとされるのはスーリヤヴァルマン2世(1113-1145年)とジャヤーヴァルマン7世(1181-1218年)といわれる。スーリヤヴァルマン2世は特にアンコール・ワットの建設を行い、その死後30年ほど後に王に就いたとされるジャヤーヴァルマン7世はアンコール・トムの大部分を築いたとされる。
しかし、ジャヤーヴァルマン7世が崩御した後のアンコールはアユタヤ朝の進入を度々受けその存在を侵され始め、その後ポニャー・ヤット王はついにアンコールを放棄するに至った。

カンボジアの旅 アンコール遺跡